開業した時に大切なこと

会社に雇われている身ならば研修もありますし、会社の経費で仕事に必要なものは買ってもらえます。開業してみて、会社とはなんとありがたい存在だったのか、と思う人も少なくないはずです。また、長く専業主婦生活を送っていて、事業を始めようと思うのならば、ゼロからの投資も必要になってきます。
開業した時に大切なことというと、いろいろな答えがあるでしょうが、必ずあがる答えの一つが「自己投資」です。これには設備投資、勉強、両方の意味があります。例えば、仕事用のパソコン・FAX・携帯電話などを揃えたり、専門の分野の雑誌などは必ず読むようにして最新事情をチェックしたり、勉強会に参加したり、健康診断は自腹でも定期的に行って、健康管理を行なうというようなことが大切です。
開業の先輩たちも、最初の仕事は飛び込みで営業したり、パソコン通信やインターネットを活用したりして、いろいろな方法で獲得しています。でも、決まって言うのは「やっぱり基本は人と人との付き合い」という言葉です。人脈を手に入れたいと思うのなら、最初はセミナーなど人の集まるところに顔を出すことから始めましょう。また、仕事をもらったら、良い仕事をすることです。担当者から信頼を得て、別の仕事を紹介されることもよくあるからです。

LINKS

代理店の募集のことなら